本当は怖い睡眠障害!?

AL0012-inemurikaigi20140722500

あなたは毎日正常に眠れていますか?
 

『夜布団に入ってもどうしても眠れない』
『夜しっかり寝ても1日眠くて・・・』

こんな症状でお悩みではありませんか?
もしかしたらその症状は『睡眠障害』かもしれません。

睡眠障害が健康被害を引き起こし、大きな病気となる事もあります。
そんな本当は怖い睡眠障害についてご紹介します!

 

睡眠障害とは?

睡眠は人間にとっては必要不可欠な物です。人間は1日の3分の1を睡眠に費やし、
この間にストレスの処理を行ったり身体のホルモンを分泌させたりします。

睡眠障害とはこの大切な睡眠に異常をきたす事で、夜寝付けない、寝ても眠りが浅い等があげられます。
 

睡眠障害の種類は?

睡眠障害と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが夜眠れない不眠症ですよね。
睡眠障害には不眠症以外にもいくつかの種類があります。

不眠症

誰しもが寝付けない等は経験した事があるかと思います。この症状が続くと不眠症となります。
日本は不眠症で悩む人が多く、5人に1人が不眠症だと言われています。

過眠症

夜しっかりと眠いっていても、日中眠気に襲われ起きているのが辛いのが過眠症です。
寝ても寝ても眠く、起きてもぼんやりとしています。
突如眠りに落ちてしまうナルコレプシー等は過眠症になります。

概日リズム睡眠障害

体内時計と実際の睡眠時間が合わない事から起こる睡眠障害です。
正常な時間に眠り、起きる事が困難になります。

睡眠呼吸障害

睡眠時無呼吸症候群は一時TV等で取り上げられて有名になりました。
睡眠時に呼吸に異常をきたし、正常な睡眠がとれません。
 

睡眠障害の原因は?

睡眠障害の種類によって様々な原因があります。

不眠症

環境の変化や、痒み等の身体の異常、精神的ストレス、カフェインの摂取等の引き金によって交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず眠りにくくなります。

過眠症

何らかの問題で、眠りの質が落ちてしまっている事が原因として考えられます。
また人によって最適な睡眠時間は違う為、夜の睡眠時間が足りていない可能性もあります。

概日リズム睡眠障害

有名なのは時差ボケです。人間の身体はサーカディアンリズムと呼ばれる1日周期のリズムがあります。
このリズムによって明るくなると活動し、暗くなると眠りにつきます。このリズムが実際の睡眠時間と合わない事が原因です。
シフト勤務等の場合はこの睡眠障害になりやすくなります。

睡眠呼吸障害

肥満等が原因で気道が塞がり睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。
 

睡眠障害の症状は?

以下のような症状がある場合は睡眠障害の可能性があります。

不眠症状

寝付きが悪く、寝ても眠りが浅い。何度も夜に起きてしまう。熟睡出来ない等。

異常な眠気

夜寝ていても日中に異常な眠気を催す。大切な場面でも居眠りしてしまう事がある。

睡眠中の異常

いびき等を指摘される。睡眠中に呼吸が止まる。

睡眠、覚醒リズムの異常

適切な時間に眠り起床する事が出来ない。
 

睡眠障害チェックリスト

睡眠障害を簡単にチェックしてみましょう。

・布団に入っても1時間以上寝付けない
・トイレで頻繁に起きる
・朝早くに目が覚める
・いつも夢を見る
・寝相が悪い
・夜眠れず昼間に異常な眠気に襲われる
・環境が変わると眠れない
・寝ても疲れが取れない
・睡眠時間が短い
・カフェインが好き
・眠れずイライラする
・不眠でも平気だと思う

 
3つ以上あてはまる場合は睡眠障害の可能性があります。

インターネットには他にも沢山のチェックリストがありますので、チェックしてみると良いでしょう。
 

睡眠障害は病院の何科に行けばいい?

うつ病や甲状腺の病気等が睡眠障害を引き起こしている場合もあります。
2週間以上不眠等の睡眠障害に悩まされている場合は、医師に相談するようにしましょう。

睡眠障害の原因によって治療を行う科が変わりますが、概ねどこの科でも診察してくれるようです。

ストレスが原因だとはっきりしている場合は、精神科や心療内科がおすすめです。
原因がはっきりしない場合は睡眠外来に行くようにしましょう。

『日本睡眠学会』という睡眠治療の機関があり、その公式サイトより認定された専門医を検索する事が出来ます。

近くに認定された専門医が居ない場合は、インターネットで睡眠障害の治療を行っている病院を探しましょう。
 

毎日何気なくとっている睡眠ですが、たかが睡眠と侮っていると大変な事になる場合があります。

睡眠はあなたが毎日楽しく健康に過ごす為には必要不可欠です。
『もしかして・・・睡眠障害かも?』と思ったら速やかに医師に相談しましょう。

健やかな眠りを手に入れて楽しい毎日を過ごしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

白髪を抜いていませんか?! 若白髪とその対策について

『若く見られたい』と性別年齢にかかわらず、誰もが思うものですよね。 鏡を覗き込んで、髪

記事を読む

自律神経失調症の症状は?チェック方法と治し方

その不調は自律神経の乱れが原因かもしれません?!   『なんだか最近疲れや

記事を読む

もしかして肉離れかも?効果的な治し方について

久しぶりに運動をしたら、ブツっという音がして痛みが走り、動かすと痛く、なんだか患部が内出血し

記事を読む

PAGE TOP ↑