もしかして・・・アスペルガー症候群かも?と思ったら確認してみよう。

人と何か違うかもしれない

「なんとなく生きにくい・・・」「人から変わっているとよく指摘される」「空気が読めない」
こういった事で悩んでいませんか?

自分の性格が悪いのかな?
能力が低いのかな?

ちょっと待って下さい!もしかしてアスペルガー症候群かもしれません!!

アスペルガー症候群とは?


PhoTones Works #384 / PhoTones_TAKUMA

アスペルガー症候群とは、知的障害の無い自閉症です。

女性より男性がなる場合が多く、100人に1~2人の割合でアスペルガー症候群なのです。
精神的な病気ではなく脳機能障害とされ、明確な原因はわかっていません。

アスペルガー症候群の特徴

コミュニケーション不全

個人差はありますが、アスペルガー症候群の人は全般的にコミュニケーションが苦手です。

アスペルガー症候群の人はあいまいな指示を理解する事は出来ません。

「あれ・これ・それ」等のあいまいな言葉を使われると、その言葉が何を指しているのかがまったく理解出来きません。

また、他人の感情を察する事に非常に疎く、言葉をそのまま受け取ってしまう為冗談や皮肉を理解しません。
こういった事から他人を傷つけてしまいますが、本人は相手がどうして怒っているのかまったく理解出来ないのです。

異常な興味

アスペルガー症候群の人は、興味を持つ幅がせまく、
興味を持つと、過剰なまでに熱中し大量の労力と時間をつぎ込みます。

規則的なルールに縛られ、変則的な事は受け入れられません。

感覚、知覚の異常

アスペルガー症候群の人の感覚は非常に敏感か鈍感のどちらかに分かれます。
他人が気にしないような音や匂いを気にしたり、異常に嫌って不機嫌になったりします。
反対に、他人が目を回すような場面でも感じなかったりします。
 

アスペルガー症候群を診断する方法は?

セルフチェックリスト

インターネットで『アスペルガー セルフチェック』で検索すると、セルフチェックリストが沢山出てきます。
簡単な質問に答える事によって自分で調べる事が出来ます。

病院で診断

アスペルガー症候群の診断が出来る病院は増えていますが、治療が出来る所は多くありません。
近くで診断できる病院を知りたい場合、「発達障害者支援センター」に連絡してみると良いでしょう。

ADHD・統合失調症・強迫性障害等、アスペルガー症候群と間違いやすい症状もありますので注意が必要です。
 

アスペルガー症候群は治る?

現在、アスペルガー症候群を根本的に治療する方法はありませんが、
アスペルガー症候群により起こる、うつ・強迫性障害等をお薬で抑える事は出来ます。

また、周りにアスペルガー症候群である事を理解してもらいましょう。
理解し、支援してもらうことによって二次障害を回避し、生き辛さを軽減する事が可能なのです。
 

アスペルガー症候群だと気が付かず、漠然とした『生き辛さ』に悩む人は多いと思います。
一度、セルフチェックを行ってみて下さい。
早期発見する事で、これからどうするべきかを見つける事が出来ると思います。

スポンサーリンク

関連記事

効果的なストレッチで改善!坐骨神経痛の痛みを和らげる方法とは?

その痛み諦めていませんか?   『坐骨神経痛で歩くのが億劫で・・・』 『

記事を読む

もしかして肉離れかも?効果的な治し方について

久しぶりに運動をしたら、ブツっという音がして痛みが走り、動かすと痛く、なんだか患部が内出血し

記事を読む

長引く風邪、実は副鼻腔炎かも・・その違いとは?

『風邪がなかなか治らない』 『鼻づまりが酷くて頭痛がする』 こんな症状で悩んでいませ

記事を読む

PAGE TOP ↑