もしかしてパワハラ?! 効果的な予防と対処法について

公開日: : 生活 , ,

image

上司の横暴に我慢する事が仕事ではない?!
 

現代人には様々なストレスがあります。

その中でも、仕事や会社で受けるストレスが一番大きいですよね。

『一人だけ大量の仕事を押し付けられる』
『どう考えても理不尽な事を言われる』

こんな悩みを抱えていませんか?

それはもしかしたらパワハラかもしれません。

そんなパワハラの対処方法についてご紹介します!

 

パワハラとは

パワハラとはパワーハラスメントの事で、2001年頃に作られた和製英語です。

職場の強い立場を利用して、部下や弱い人間に対して必要以上に精神的、肉体的に苦痛を与え職場の環境を悪くする行為を指します。

パワハラは判断が難しく、我慢してしまう場合が多いようです。

パワハラかどうかを判断する基準の一つは、『業務の適正な範囲』であるかどうかです。
仕事でミスをすれば怒られたり注意されるのは当たり前ですが、人格攻撃は範囲外となります。

上司から部下への行為だけがパワハラではなく、部下から上司、先輩後輩間、同僚間等で行われる場合もあります。
 

パワハラに該当する行為

どんな人間も不機嫌な時がある物ですが、そういった事が常習化しているならばパワハラだと言えるでしょう。

厚生労働省ではどんな行為がパワハラに当たるのかを定義しています。

障害や暴行等で身体を攻撃する

頭を叩く、椅子を蹴る等の行為。

脅迫、ひどい暴言、侮辱等で人格や個人を貶める

大勢の前で人格を非難する。
『お前は使えない』『辞めたいなら辞めろ』等、退職をちらつかせる行為。

気に入らない人間を疎外する等、人間性を無視する

仕事を振らない、質問をしても答えない、挨拶をしても返さない等。

必要の無い業務や、あきらかに無理だと思われるような業務を要求する

本人の能力を無視してまったく意味の無い仕事をさせる、どう考えても無理な仕事を押し付ける等。

必要以上に個人のプライベートに立ち入る

ファッションや化粧方法等、あきらかに仕事に関係の無い個人的な部分に口を出す等。

頼んでも居ない見合いを押し付けられる事や、上司がずっと背後に立っている、自分の周りだけをぐるぐる回る等もパワハラに当たります。
 

パワハラを受けたら

『もしかしてパワハラかも?!』と思ったら、その内容をしっかりとメモや記録として残しておきましょう。

メモを取る時は『5W1H』に気を付けましょう。

5W1Hとは、いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)の事です。

仕事のミスが引き金になった場合は、ミスの内容や周りに同僚等が居たならその事もしっかりと記録しておきましょう。

パワハラは実証が難しい為、メモを残しておく事で誰かに相談しやすくなります。

会社にパワハラの相談機関がある場合、その機関に直接連絡しても良いのですが、情報が相手に漏れてしまう可能性があります。

まずは職場の同僚や、友人、家族等信頼出来る人間に相談しましょう。
 

パワハラの予防と対策

人間は自分が優位な立場になると力を行使したくなるものです。
そういった事を防ぐ為に、どのような行為がパワハラに当たるのか共通の認識を職場で持つ必要があります。

会社のパワハラの対策

パワハラ追放のメッセージ

会社がパワハラを無くすというメッセージを明確にします。

ルールの明確化

労働に関する基準をしっかり設ける。
また、パワハラに対するガイドラインの制作等に取り組む。

社員の教育

パワハラについて研修を行う等、社員の意識を高めます。

周知宣言する

パワハラを組織として無くす事を周知します。

相談窓口の設置

企業内にパワハラ専門の相談窓口を設置する事で、解決の糸口とします。

再発の防止

パワハラの加害者に適切な研修を行い、再発を防止します。

個人的なパワハラ対策

言われた暴言を100%受け取らない

気分で暴言を吐く相手の言葉を100%受け取る必要はありません。
『仕事の非難=人格の否定では無い』としっかり認識しておきましょう。

聞き流す

真正面から人の非難を受けると疲弊してしまいます。
そうならない為に聞き流すスルースキルを磨きましょう。

勿論、仕事でミスした場合は叱られる事もありますので、その時はしっかりと受け止めるようにしましょう。
 

パワハラの判例

有名なパワハラの判例をご紹介します。

前田道路事件

会社の過剰なノルマから不正経理を行い、その事を激しく追及『会社を辞めれば済むと思うな』等と追いつめられ自殺。

判決:労災認定 裁判所:高松高判所

35歳製薬会社営業社員自殺事件

目障り等の暴言を言われ続けられ、精神疾患を発症その後自殺。

判決:労災認定 裁判所:東京地裁

川崎市水道局いじめ自殺事件

聞えよがしの陰口等、陰湿ないじめが原因となり自殺。

判決:棄却 裁判所:東京高等裁判所
 

日本人は我慢を美徳とする傾向があり、理不尽な事も我慢してしまう事が多いようです。

会社には様々な価値観の人がおり、あなたが悩んでいる事にさえ気が付いて居ない場合もあります。

『もしかしてパワハラかも?!』と思ったら、メモを取り身近な人に相談しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

何時間寝ればいい? 最適な睡眠時間とその理由

あなたは睡眠の働きを知っていますか?   忙しい現代社会。仕事もあるけ

記事を読む

リニア新幹線のルートと開通は?

あなたはこの速さを知っていますか?   『リニア新幹線?普通の新幹線と何が違う

記事を読む

ご当地ナンバーで地域振興!その取得方法とは?

ご当地ナンバーで地域振興が出来る?!   車に必ず取り付けられているナ

記事を読む

PAGE TOP ↑