七五三の衣装レンタル時に注意する事

YOU85_shichigosanchitoseami1305500

七五三の衣装選びはこれでばっちり!
 
もうすぐ七五三。

準備をしないといけない事は解っているけれど、実際何を用意したら良いのか解らない。

『何か大事な決まりがあるの?』
『衣装は何を選べばいいのかしら』
『買うのとレンタルどっちがいいの?』

こんな疑問に、一度は首をひねってしまいますよね。

そんな七五三にまつわる疑問にお答えします!

 

七五三とは?いつ?

七五三とは、子供の成長を七歳、五歳、三歳でお祝いする行事の事です。

七五三とひとくくりになっていますが、年齢ごとに別の行事を行います。

三歳:髪置(かみおき)

男の子女の子共に髪を伸ばし始める儀式です。

五歳:袴着(はかまぎ)

男の子が初めて袴を身に着ける儀式です。

七歳:帯解(おびとき)

女の子が初めて帯を締める儀式です。
 

七五三の起源は古く、徳川綱吉公が長男徳川徳松の健康を祈った事が起源といわれ、武家社会を中心に全国へ広まり行われるようになりました。

江戸時代に始まった行事なので、数え年(旧暦)で行いますが、現在は満年齢でも行うようです。

ではいつ行うのでしょうか?

11月15日にお宮参りをし、お祝いをします。

鬼が出歩かない『鬼宿日』にあたるのが15日で、11月の満月にあたる事から、収穫の感謝も込めて『11月15日』に行います。

最近では、寒さや家族のスケジュール、神社の混み具合等で10月前半から11月後半に行い、お祓いはせず簡単なお参りで済ます事が多いようです。

また、七五三では子供の長寿を願って、細く長い紅白の飴を食べてお祝いをします。
 

七五三・男の子の衣装

三歳の”髪置”では、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯、袖無し羽織が正装となっていますが、袴を履いてもかまいません。
お宮参りのときの祝着があれば、それを着せても良いでしょう。

五歳の儀式は”袴着”なので、羽織袴が正装ですが特にこだわる必要はなく、三歳・五歳共に洋装でも大丈夫なようです。

羽織袴

値段:二万円~五万円
羽織から袴、草履までセットになっている物があります。

スーツ

値段:五千円~一万円
 

七五三・女の子の衣装

三歳の”髪置”は被布が正装ですが、最近では帯を締める事も。
勿論洋装でも良いようです。

七歳の”帯解”も、着物でも洋装でも大丈夫なようです。

被布

値段:五千円~三万円
着物、被布、小物がセットになっている物があります。

着物

値段:二万円~十万円
着物、帯、小物が全てセットになっています。

ドレス

値段:二千円~一万円
様々なデザインがあります。
 

七五三で衣装をレンタルする時のポイント

着物は買うと高いし、管理も大変。そんな時にはレンタルがおすすめです。
お値段は男の子・女の子ともに、六千円~一万二千円程度でレンタル出来ます。

⇒ 七五三の衣装レンタル ショップ一覧

レンタルのメリット

クリーニングの必要が無く、お店によっては着付けやヘアメイクまで行ってくれます。安く済むのも魅力です。

レンタルのデメリット

レンタルは早い物勝ちです。また、キャンセルが出来ません。
汚した時に高くつく事があります。

レンタルする時に気を付ける事

・サイズが合うかきちんと試着する
・着付けの前にトイレは済ませる

最近では、レンタル衣装・ヘアメイク・写真撮影までセットになっている物もあります。

七五三は大切なお祝いです。衣装を選ぶのも子供と一緒に楽しんで、素敵な思い出を作ってあげて下さい。
子供はあっというまに大きくなってしまいますので、沢山写真を撮る事も忘れないで下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

敬老の日に手作りのプレゼントをしませんか?

敬老の日、感謝の気持ちを贈りたいけど何をあげればいいの?? 大好きなおじいちゃん、おば

記事を読む

秋分の日におはぎを食べるワケ

あなたは秋分の日におはぎを食べる理由を知っていますか? 昔から、秋分の日に甘くて美味しいおはぎ

記事を読む

豆まきにも決まりがある?! 節分の豆まきの作法と意味について

お正月が過ぎて落ち着いた頃に節分がやってきます。 鬼を退治する節分の豆まきの行事は、子

記事を読む

PAGE TOP ↑