チャイルドシートの上手な選び方と人気ランキング

cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_s

チャイルドシートを適当に選んでいませんか?
 

平成12年から6歳未満の乳児を車に乗せる場合、チャイルドシートを使う事が義務付けられています。

子供の安全を守る為のチャイルドシートですが、サイズが合わない物等を選んでしまうといざ事故にあった時に役に立たないなんて事も。

チャイルドシートの購入を考えているあなたに、チャイルドシートの上手な選び方をご紹介します!

 

チャイルドシートの種類

チャイルドシートは使う年齢で分けられています。

乳児用ベビーシート

新生児から1歳頃まで使用出来ます。
進行方向に向かって後ろ向きに設置します。

チャイルドシートだけでなく、ベビーラックやキャリーとして使用出来ます。

ベビーカーのマルチタイプを分解すると、乳児用のベビーシートになる物もあります。

幼児用チャイルドシート

1歳から4歳まで使用出来ます。
進行方向に向かって前向きに取りつけます。

座席に小さな椅子を設置するイメージで、しっかりとした5点ハーネスでホールドする物が多いようです。

学童用ジュニアシート

4歳から使用出来ます。ホールドには車のシートベルトを使用します。
小さな座席を設置して高さを補強するイメージです。上半身までの物と座席部分だけの簡易な物があり、年齢によって大きさを取り換える必要があります。
 

チャイルドシートを選ぶ時のポイント

チャイルドシートを選ぶ時には、以下のポイントに気をつけて選ぶようにしましょう。

車に適応した物を選ぶ

気に入ったチャイルドシートでも、実際に車に取り付けられなければ意味がありません。
購入の際に、自家用車に取り付けられるのかをしっかり確認してから購入しましょう。

幼児の体格にあった物を選ぶ

チャイルドシートは大きな交通事故だけでなく、急ブレーキを踏んだ時の衝撃で前の座席に頭をぶつける等の車内事故を防ぐ事も目的です。
いずれ大きくなるから大きめを選ぶ等はNGです。
身体のサイズにあった物を選ぶようにしましょう。

使いやすさ

チャイルドシートの設置は複雑な物が多いようです。設置が面倒だからと適当に設置してしまうと事故が起きた時の死亡、重症率が5.4倍も跳ね上がってしまいます。

設置しやすい物を選ぶようにしましょう。

安全基準

2006年にチャイルドシートの基準が見直され、認められた物には指定のマークが付けられています。
大切な子供の安全を守る物だからこそ、安全基準を満たした物を選びましょう。
 
この他にも掃除のしやすさや、背もたれの高さもチャイルドシートを選ぶ時の大切なポイントです。
 

チャイルドシートの人気ランキング

チャイルドシートの人気ランキング上位3位はこちら。

1位

Joie チルト

イギリス ロンドン発の人気ブランド Joie。
全8色を誇るカラーバリエーションと安全性が魅力です。

2位

エールベベ サラット3ステップ クワトロST

楽々の15秒簡単取り付け!
成長に合わせた3つのモードチェンジで、長期にわたって使用出来ます。

3位

joie バリアント

付け替え無しで、肩ベルトの調整が簡単に出来ます。
3つのモードでしっかりサポート!
0歳〜7歳まで使えます。
 
最新のランキングはこちらから↓

⇒ チャイルドシート 人気ランキング(週間)<楽天市場>
 
チャイルドシートの選び方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

大切な子供の命を守る物だからこそ、しっかりした物を選びたいですよね。

特にベビーシートの設置のしやすさが、選ぶ際にとても重要になりますのでしっかりチェックするようにしましょう。

安全なチャイルドシートを選び、色々な所に出かけて楽しい思い出を作って下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

クリスマスにお菓子を贈ろう!簡単な作り方と人気の贈答用品について

クリスマスに美味しいギフトを届けませんか?   クリスマスが近くなると、街

記事を読む

購入前に確認!上手なベビーカーの選び方とは?

安全なベビーカーを選んでいますか?   出産も間近になりベビー用品の用意で大忙し。

記事を読む

2015年人気のベビー服福袋をチェックしよう!

オシャレで可愛いベビー服を福袋でゲットしよう!   子供はあっという間に大きく

記事を読む

PAGE TOP ↑