消防出初式で明るく元気に新年を迎えよう!見所と実施場所は?

公開日: : 最終更新日:2014/12/17 イベント , , , , ,

 
『お正月の三箇日も過ぎると、これといったイベントが無い』
『成人式はとっくに過ぎて関係無いし・・・』

そんな時におすすめしたいのが、消防出初式です。

消防出初式は、消防署のお正月イベントとして古くから親しまれています。

新年から勢いをつけたいそんなあなたに、消防出初式についてご紹介します!

 

消防出初式とは?


IMG_6608 / yd

消防出初式の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。
万治2年(1659年)江戸は明暦の大火に見舞われ、焦土と化していました。
犠牲者は3~10万とも言われ、町民は復興で疲弊していました。

この大火の翌年に、『定火消(じょうびけし)』が出来ました。
定火消とは幕府直轄の火消の事で、火事の消火だけでなく、治安維持も行っていました。
1月4日に、老中稲葉正則率いる定火消総勢4隊が上野東照宮で『出染』を行い、町民に希望を与えた事が儀式化され現在まで受け継がれています。

現在では1月6日に行われ、消防の心意気や技を示し、火災予防思想を普及させる行事となっています。
※開催日は地域によって変わります。

消防出初式は、消防関係の基材や関係者が間近で見る事が出来る為、子供から大人まで楽しめるイベントとなっています。
 

消防出初式の内容は?

消防出初式の内容はその地域によって違います。
演目の内容は消防演技や、伝統の木遣り行進、はしごのり等が披露されます。

東京消防出初式はTVでも放送されており、平成26年の内容は以下のようになっています。

東京消防出初式(平成26年)

・開式宣言
・国旗掲揚
・消防総監訓示
・東京都知事告辞
・来賓祝辞
・東京消防歌斉唱
・部隊検閲
・表彰
・東京消防庁音楽隊演奏
・カラーガーズ隊演技
・小隊操練
・消防少年団祝賀パレード
・徒列部隊等分列行進
・機械部隊分列行進
・江戸消防記念会による木遣り行進
・はしごのり演技
・消防演技
・一斉放水演技及びはしご隊演技
・国旗降納
・閉式宣言

 

有名な消防出初式は?

消防出初式は各地の消防本部で開催されます。
その中でもやはり、東京消防庁の東京消防出初式や横浜消防出初式が有名だと思います。
 

消防出初式の実施場所は?

消防出初式はその地域によって実施場所が違います。
その消防本部がある場所で行うわけではありません。

東京

東京消防出初式は皇居前広場、明治神宮外苑、晴海埠頭と行われていましたが、現在は東京ビッグサイトで行われています。

横浜

横浜消防出初式は、横浜赤レンガ倉庫イベント広場、赤レンガパークにて実施されます。

東京消防出初式はチケットが必要ですが、チケットが無くても見られるようです。
入場者が多い場合は、入場制限もあるようなので、早めに行くようにしましょう。
 

消防出初式の見所は?

消防出初式を行う地域で演目や開催内容も違いますが、見所は、機械部隊分列行進や一斉放水演技及びはしご隊演技ではないでしょうか?

機械部隊分列行進は、各種装備車両を沢山見る事が出来るので圧巻です。

一斉放水演技及びはしご隊演技も、普段目にする事の出来ない消防技術を間近で見る事が出来ます。

その他にも、市民が被災者として参加出来る消防訓練や、はしご車搭乗体験、消防車両乗車体験等、地震体験や防災体験等が出来る場合もあります。
小さな子供から大人まで、消防や防災をまるっと楽しめるイベントになっています。

消防出初式は主に屋外で行いますので、参加する場合は防寒をしっかり行って臨みましょう。
 

消防出初式についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

消防出初式では、沢山の装備車両を間近で見る事が出来ます。
消防車両は、近くで見ると本当に迫力があり、格好良くて感動します。
消防グッズ等の販売もあり、小さな子供から大人まで楽しめる消防出初式は、年初めのイベントにおすすめです。

まずは、お近くの消防出初式が何処で行われているか確認してみましょう。
参加される場合は風邪を引かないよう、暖かな恰好で楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

ホワイトデーに喜ばれる年代別のお返しとは?

ポイントを押さえてホワイトデーに喜ばれる物を贈ろう!   バレンタインにチ

記事を読む

クリスマスの雰囲気を盛り上げる!クリスマスリースを飾る意味と作り方とは?

クリスマスリースを作ってクリスマスを迎えよう!   クリスマスの飾りと言え

記事を読む

お年玉にもマナーがある?! 気になるお年玉の相場っていくら?

年が明けると、来客や豪華な料理等、お正月には沢山の楽しみがあります。 その中でも子供の楽し

記事を読む

PAGE TOP ↑