運動会のお弁当を簡単に作る方法!

もうすぐ運動会、あなたのお弁当は大丈夫??

待ちに待った運動会!子供達はドキドキワクワク。
一番の楽しみは美味しいお弁当!

そんな子供達を横目に、
『ちょっと待って!お弁当どうしよう?!』

慌てて買い物に行き、当日の朝慌てながら作り、いざお弁当の蓋をあけたら・・・
しかも食べた後なんだか調子が悪い。

そんな事にならない為に、運動会のお弁当の作り方をチェックしておきましょう。

運動会のお弁当で気を付ける3つのポイント


bento / saotin

運動会シーズンが近づいてきています。
爽やかな秋晴れの下、元気に競う子供達。家族総出で応援に行く事も珍しくありません。

実は秋と言っても、気温が30度を超える事があるのを知っていますか?
また、残暑が厳しい秋の運動会に比べ比較的涼しい初夏の運動会も、25℃を超える事もしばしばあります。

そうなってくると、初夏の運動会も秋の運動会も暑さ対策をしなければいけません。

そんな”あつ~い日”の運動会のお弁当ではこの3つに気を付けましょう。

食中毒

衛生面に気を付けるのは勿論、傷みやすい食材は避けましょう。

エネルギー効率の良い物を入れる

暑さにばてないように、エネルギー効率の良い物を取りましょう。
身体を動かすエネルギー元として、最も多く必要なのは炭水化物です。
炭水化物はエネルギーになりやすいので、ご飯・パン・イモ類を中心に多く取り入れましょう。

熱中症対策

水分補給は勿論大切ですが、一度に大量に摂取してしまうと意味がありません。少しずつ分けて取りましょう。
また、汗で流れてしまったビタミン・ミネラルも必要です。

運動会のお弁当オススメ簡単メニュー

ピクルス

前日の夜に漬けるだけ!

肉巻き

焼肉のタレで焼いたお肉を巻くだけでボリューム満点!

海苔巻き

焼肉のタレで焼いたお肉を小さくちぎり、レタスと一緒に巻けば、おにぎりよりも簡単豪華です。

煮物

前日にコトコト炊いておくだけです。

運動会のお弁当(前日までの準備)

『アレもコレも入れてあげたい』

その気持ちはあるけれど、いざ当日の朝になったら何も出来なかった。
なんて事にならないように、前日までに用意出来る物は用意しておきましょう。

お弁当の準備

揚げ物

から揚げ・フライは前日までに揚げて冷凍しておきます。

下準備

材料の下ごしらえ等、事前に準備出来る物は出来る限り用意しておきます。

茹でる・煮る漬ける

下茹での必要な物・持っていく物を茹でておきます。
ピクルスや酢の物は、そのまま持って行けるようにタッパーへ。

器材の準備

運動会前日に必要な器材をあらかじめ纏めておきましょう。

・割りばし
・スプーン
・フォーク
・水筒
・レジャーシート
・おしぼり
・ウェットティッシュ
・タオル
・カメラ(ビデオカメラ)
・折りたたみテーブル・椅子
・帽子

 
必要な物を紙に書き出してチェックしておくと良いでしょう。

⇒ 運動会で役立つ! お弁当グッズはこちら<楽天市場>

運動会のお弁当(当日の作業)

・果物等を切る

・当日作らなければいけないおかずを作る

・お弁当箱に前日までに用意した物と、当日作った物を詰める

運動会のお弁当(崩れない詰め方)

お弁当を綺麗に詰めるコツは、

1.メインのおかず・形が崩れない物
2.副菜・形が崩れやすい物
3.隙間を埋められる物

 
の順番で入れていくと安定して、崩れにくくなります。

運動会当日、お弁当の蓋を開けた時に『お母さんすごい!!』と子供たちに言われる事間違いありません。
食中毒・熱中症を吹き飛ばして、美味しいお弁当と共に楽しい思い出を作りましょう!

スポンサーリンク

関連記事

引越しハガキを忘れてませんか?引越しハガキを出す意味とその例文について

初めて引越しをする場合、新しい住まいや新しい出会いへの期待で胸が膨らみますよね。そんな時に忘

記事を読む

通園バッグ 選び方のポイントは?人気商品とレッスンバッグの作り方について

新しい年になり、段々暖かくなってくると心はうきうきしてきますよね。春からの入園を楽しみにして

記事を読む

素敵な手作りクリスマスカードの作り方とは?

日頃の感謝を込めてクリスマスカードを作りませんか?   クリスマスプレゼン

記事を読む

PAGE TOP ↑